花水木の家
両手を広げれば届くほどの小さな中庭を中心に据え、この中庭との関係性をデザインすることで諸室を計画した。

一階では中庭を隔てて左右に別れた空間が、二階では中庭とルーフバルコニーを取り込みながら一つの大きな空間として存在している。中庭を通して目には見えない光や風、季節のの移ろいをどの場所にいても心に感じることができる。

用途:住宅
所在:兵庫県芦屋市
竣工:2011年
構造:木造

DETAILS